[留学国別情報]フランス・Universite de Provence

2010 年 9 月 4 日 - 11:51 AM

留学国:France
留学機関Universite de Provence / Laboratoire Population Environnement Developpement

1. 奨学生候補に決定してからのロータリークラブとの関わりについて

奨学生候補決定後、推薦クラブである浜松北ロータリークラブの例会に計三度、出席させていただき、内二度、スピーチを行った。一度目は、20097月に、ご推薦いただいたお礼を申し上げると共に奨学生候補に選考していただいたことをご報告し、自己紹介・留学の抱負について述べた。二度目は、20106月に、留学先決定後、留学準備の進捗状況・近況報告を行った。三度目は、留学出発直前の20109月に、例会に出席させていただき、顧問ロータリアンの方をはじめ、お世話になったロータリアンの方々にご挨拶を申し上げた。

2. 留学の応募に関して

入学希望コース:博士課程

留学申請時、既に米国の大学院の博士課程に在籍中だったため、学位取得目的ではなく、一年間、訪問研究生として受け入れてもらえる博士課程のプログラムを英・仏語圏の大学院で探した。

提出書類:

RIからの指定校通知受理後、指定校先のプロヴァンス大学で指導を希望する教授二名に、20103月始めにメールで直接連絡を取り、私の現在の研究内容についてお伝えすると共に、2010年の秋学期から一年間、ご指導いただけるかどうか尋ねた。また、その際、RIから送付された「資金保証状」(Letter of Financial Guarantee)も添付した。その結果、研究に関心を示してくれた教授の提案で、プロヴァンス大学内の「人口・環境・開発研究所」に、「訪問研究生」として受け入れて頂くことが決まった。

「訪問研究生」としての正式な受け入れのため、下記の書類を提出した。

簡潔な研究計画書及びCV

「外部の博士課程の学生の受入協定書」(CONVENTION D’ACCUEIL DES DOCTORANTS EXTERIEURS A L’ETABLISSEMENT)」への、受入側の大学(プロヴァンス大学)の学長及び研究所の所長、派遣側の大学(コロンビア大学)の学長、及び申請者本人による署名

一方、語学証明書や願書、成績証明書等の提出は求められなかった。

語学試験:

地区での奨学生選考試験の過程で受けた、ベルリッツのA試験、及びTOEFL以外に、語学試験は受験しなかった。

3. RIとのやり取りについて

留学希望機関の申請について:

留学希望機関の申請は、地区での選考試験の際に提出していた申請書類を下に、地区の奨学委員会の方を通じてRIに行っていただいた。当初申請していた希望機関のリストの中には、米国のハワイ大学が含まれていたのだが、20099月に、地区の奨学委員会の方を通じて、これまでに12ヶ月以上、米国に居住・留学した経験がある※ことから、ハワイ大学の希望申請は認められず、志望先の見直しが必要との連絡を財団本部から受けたことを知った。そこで、急遽、ハワイ大学の代わりに、マルタ大学を希望機関のリストに加えてもらうようにお願いした。

※申請書に記載されていた、「申請者が、奨学金支給年度以前に12カ月以上居住、または留学したことのある国の地域へ指定されることはありません。」という教育機関申請の制約条件を、当初は、同じ国(米国)内でも地域が異なれば、希望申請は可能だと理解していたのだが、そうではなかったようだ。

代替教育機関の申請について:

指定校通知を受けた大学が、私の中では、第一希望の大学だったこともあり、留学申請は一つの大学(プロヴァンス大学)にしか行わず、代替機関の申請も行わなかった。

研究奨学生の申請について:

留学中、コースワークを受けるのではなく、研究に専念したかったため、20103月にRIの奨学コーディネーターにコンタクトを取り、「通常の授業を受ける代わりに研究を専門に行う『研究奨学生』」としての派遣を希望する旨を伝えた。「研究奨学生」としての申請を正式に承認してもらう為、以下の書類をRIに提出する必要があった。

研究企画書

予算案

大学発行による、研究生としての受入証明書(a研究所からの正式な「受入証明書」(ATTESTATION D’ACCUEIL)を提出)

奨学生、研究企画案、予算案を支持することを表明した派遣ロータリー地区の奨学金小委員長からの書簡

ロータリー財団研究奨学生用書式(指定教育機関の2人の監督者による署名)

(※詳しくは、『国際親善奨学金要覧:研究奨学生のための指針』をご参照ください。)

その他のRIへの提出書類について:

上記の提出書類に加えて、以下の書類を提出した。

奨学金受諾書

履歴書/宿泊に関する書式

語学力テストの得点結果(aTOEFL、及びベルリッツA試験のスコアを送付)

健康診断書

保険加入証明書

パスポートの身分証明書欄のページのコピー

研究者ビザのコピー

旅行選択書式(aRITSを通さずに自分で航空券を手配したので、「TRAVEL OPTION 3 窶髏€ WAIVED RITS TICKET FORM」を送付)

電子送金用銀行書式(a留学先に到着し、銀行口座開設後に送付)

語学研修について:

奨学コーディネーターに、語学研修を希望する旨を伝え、留学開始前に、RI側から財政支援を受ける形で、RI指定の語学学校で事前研修を受けられるかどうか尋ねたが、ベルリッツのスコアが規定の点数に達しているとの理由で、残念ながら承諾を得ることができなかった。そのため、結局、奨学金の一部を使う形で、研究奨学開始前に、約一ヶ月間、マルセイユのアリアンス・フランセーズで語学研修を行った。

ビザの申請について:

申請当時、滞在していたハノイ(ベトナム)のフランス大使館で、長期研究者ビザの申請を行った。ビザ申請の際、以下の書類を提出した。

長期ビザ申請書

証明写真1

パスポート

「研究者受入協定書」CONVENTION D’ACCUEIL D’UN CHERCHEUR OU ENSEIGNANT-CHERCHEUR ETRANGER

ビザ申請料金 99ユーロ相当のベトナムドン

RIとのコンタクトの取り方について:

RIとのコンタクトは、基本的に全てメールで行った。奨学コーディネーターが指定されてからは、常にコーディネーターに直接、連絡を取るようにした。留学準備中、途上国に滞在しており、郵便事情が不安定だったこともあり、書類の送付などを郵送ではなく、メールでできたのは幸いだった。奨学コーディネーターにメールで問い合わせをすると、通常、遅くとも23日以内には回答が得られた。

4. 学業面での留意事項

語学面での準備は万全とはいえなかったが、留学申請時からフランス語のレッスンを受けたり、フランス語と日本語のランゲージ・エクスチェンジをして会話の練習を行ったりして、留学に備えた。また、個人レッスンを受けていたフランス語の家庭教師や、フランス語のネイティブの友人に、研究企画書や、指導教授に送るメールのフランス語を添削してもらったり、フランス語でのメールや論文の書き方に関する本や、自身の研究テーマに関連する論文を参照したりして、アカデミックな文章やメールの書き方に慣れるように努力した。

5. 生活面での準備について

住居 窶骭€ 出発前に、受入クラブのホスト・カウンセラーとあらかじめ連絡を取り、住居探しについて支援をお願いする旨を伝えた。(aが、本格的な住居探しは、結局こちらに来てから始めたため、現在は、語学研修先で紹介された家庭でホームステイをしながら、ホスト・カウンセラーや他のロータリアンの方々のご協力を得ながら、アパートを探している。)

保険 窶骭€ 以前から三井住友海上保険の海外留学保険に加入していたこともあり、留学期間中は、RIの条件を満たすよう、一部の保険内容を変更したうえで、同保険を継続した。

また、渡仏後、滞在許可証申請の際に必要な書類(戸籍抄本、及びその法定翻訳、翻訳査証に基づく「出生証明」)をあらかじめ、日本にいる家族を通じて依頼し、取得してもらった。(aところが、渡仏後、その書類を紛失してしまい、結局、マルセイユの日本総領事館で、持ち合わせていた戸籍謄本の原本をもとに、「出生証明書」(仏語)を発行してもらった。)

その他、地区での奨学生向けのオリエンテーションやガイダンスを通じて、以前、フランスやその他の地域に留学された奨学生の方々からアドバイスを頂いたり、同期の奨学生らと情報交換を行った。

また、他の地区の国際親善奨学生向けのサイト(http://www31.atwiki.jp/ri2590shiori/)に、有益な留学生の手引きがあったため、留学準備の際に参考にした。

RIから受諾パッケージの一部として送付された留学先地域の「現役」国際親善奨学生のリストの中に、同じ大学(プロヴァンス大学)に留学されている奨学生がいたため、コンタクトを取り、留学準備や住居等に関して色々とアドバイスをしていただいた。

6. その他

上述した受諾パッケージに含まれている「現役」国際親善奨学生のリストの中に、もし、自分の受入先の地域や大学に留学している奨学生がいる場合は、コンタクトを取り、留学や生活準備等についてアドバイスをもらうと良い。

奨学コーディネーターから「Rotary Ambassadorial Scholar Wikispace」が開設されたとの案内があったので、登録した。今の所は、まだあまり情報交換のために積極的に活用されてはいないようだが、利用する価値はあるのではないか。

これまでに留学された奨学生の方々が、留学後、受入地区で行った卓話の内容や、受入地区で喜ばれたお土産等に関する情報が、「現役・次期奨学生」のために提供されたら大変有益なのではないか。

[留学国別情報]イギリス・イーストアングリア大学(The University of East Anglia)

2010 年 7 月 11 日 - 4:13 PM

留学年度:2010-2011年度
留学機関:イーストアングリア大学(The University of East Anglia)
取得学位:修士

1. 奨学生候補に決定してからのロータリークラブとの関わり

スポンサーロータリークラブの例会に参加させて頂き、自己紹介を兼ね、これまでの職歴、今後学びたいことをお話させていただきました。

2. 留学機関への入学手続き

入学希望コース:修士

提出書類:語学証明書、成績証明書、エッセイ

語学試験:2009年から受験し始め、2010年1月に終了しました。

3. RIとのやり取りについて

留学希望機関の申請

2009年3月の応募時に申請しました

指定校が決定してから

指定校決定後、2010年春に指定校を変更させて頂きました。

代替教育機関の申請について

アメリカのロータリー財団本部のご担当者に代替申請を出した後、迅速に変更を許可していただくことができました

語学研修について

入学学校側で指定された語学研修に参加することで、ロータリー側の語学研修相当と認めて頂きました。

RIへの提出書類について

指定頂いた書類のみ提出しています。

RIとのコンタクトをとる際の注意点・アドバイス等

とても迅速に、かつ親切にサポートしてくださいますので安心して下さい。

4. 学業面での留意事項

私は社会人でしたので、仕事との両立が一番大変でした。様々な誘惑を断ち切って、自身を勉強する環境におくことが一番大切だと思います。

5. 生活面での準備について

日本で歯の治療など健康状態を万全にしておくことをお勧めします。

[学友便り] ベルギー、ルーヴァン・ラ・ヌーヴ便り

2010 年 4 月 18 日 - 1:17 AM

2009-2010 年度国際親善奨学生 ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)留学 村中 由美子
(派遣クラブ:D-2620 静岡東ロータリークラブ、受け入れクラブ:D-2710 ルーヴァン・ラ・ヌーヴクラブ)

私は、2009 年9月より、静岡東ロータリークラブからのご推薦を頂き、国際親善奨学生としてルーヴァン・カトリック大学に留学しています。早いもので、こちらでの生活も半年余りになります。今回は、まず、私の派遣されているルーヴァン・ラ・ヌーヴという一風変わった街の紹介をし、続いてベルギーでの学生生活、最後にこちらのロータリークラブについてご報告させて頂きます。

【学園都市、ルーヴァン・ラ・ヌーヴ】
私が今暮らしているルーヴァン・ラ・ヌーヴは、少し特殊な街です。街の名前をあえて訳すと「ルーヴァン新町」といったところでしょうか。首都ブリュッセルから、南東に在来線で一時間ほど走った場所に位置する、人口二万人弱(2008 年12 月)の小さな街です。ここルーヴァン・ラ・ヌーヴから、電車で一時間北東に進むとルーヴァンという別の街があるのですが、ここに1425 年に創立されたルーヴァ
ン・カトリック大学が、ベルギーの言語闘争により、1968 年にフランス語を使う部門とフラマン語を使う部門で分離することになり、そのフランス語部門が新たに森を切り開いて造った街がルーヴァン・ラ・ヌーヴです。なので、街の周りには本当に森しかありません。唯一の映画館も2年前に閉鎖され、娯楽施設があまりないところは昔のつくばのイメージを彷彿とさせるかもしれませんが、朝は小鳥のさえずりで目を覚まし、お天気のいい日は森での散策を楽しみ、夜は静寂の中で星空を眺めるここでの生活を、私はとても気に入っています。

【ベルギーでの学生生活】
私は、ロマンス語・ロマンス文学およびフランス語・フランス文学研究科修士課程2年目に在籍し、20世紀フランス文学を中心とする勉強を進めています。2年目からの編入のため、取得しなければならない単位も多く(年間60単位)、並行して修士論文のための研究もしており、充実した毎日です。一学年に100名ほどの学生が在籍しており、その中で留学生は中国人一人と私だけであるため、授業や課題は現地学生とほぼ同じようにこなす必要があり、勉強はかなりハードです。しかし、現地の学生はみな親切で、インターネット上の掲示板に有志の学生を中心として授業ノートを公開してくれたり、質問を受け付けてくれたりするので、とても助かっています。ベルギーの大学では隣国フランスと比べても成績評価が厳しいようで、その分学生も非常に熱心に勉強していて、留学には最適の環境です。試験

期間は年間で3回あり、好きな時期に試験を受けることができますが、日本のように簡単に授業を放棄することはできず、全ての科目に試験が課せられます。試験勉強の仕方も、日本のやり方では通用しません。なぜなら、筆記試験はたいていその場で問題を与えられて4時間ほどの時間をかけてフランス語で小論文を書く試験であり、口頭試験ではあらゆる角度からの質問に論理立てて答えなければならない
からです。なので、勉強したことを暗記することは準備の最低条件で、それをいかに自分で組み立て直して、新たな考えを加えられるかが問われます。そのため、試験範囲を分担して勉強会をする等、学生たちも工夫して試験勉強をしています。

同級生とともに

同級生とともに

同級生

同級生

ベルギービールを片手にゲームに興じる学生たち

ベルギービールを片手にゲームに興じる学生たち

【ルーヴァン・ラ・ヌーヴのロータリークラブ】
このような多忙な学生生活ではありますが、こちらでの私の受け入れクラブであるルーヴァン・ラ・ヌーヴクラブのみなさんには本当にお世話になっており、クラブの集まり等にも招待して下さるため、学生文化とはまた違ったベルギーの側面を学ぶことができます。先日、2010 年3月13日には、ルーヴァン・ラ・ヌーヴクラブの創立10周年のパーティーに招待して頂きました。このクラブはまだ若いクラブであり、ロータリアンの方々も50代前半くらいの方が中心で、男女の比率が半々の珍しいクラブです。このような活気あふれるクラブですから、パーティーも大変盛り上がりました。特に、私のこちらでの顧問ロータリアンであるブノワ・デルクール氏が、これまでに受け入れた日本人奨学生たちをユーモアたっぷりに紹介して下さいました。ブノワさんは、日本人奨学生受け入れのエキスパートと常日頃自称されているのですが、それはこのクラブが創立当初から国際親善奨学生を受け入れており、ブノワさんが受け入れを担当した学生を数えると私ですでに7人目の日本人奨学生だからであり、受け入れたのがほぼ全員女性、分野はフランス文学か語学、研究テーマもそれぞれ難解そうだったらしく、それがブノワさんには面白く映るようでした。

以上、簡単ではありますが、留学の途中経過のご報告とさせて頂きます。私の留学にお力添えを下さいました全ての方々への感謝を忘れず、残りの日々も充実した毎日となるよう、努力していきたいと思っています。

ロータリーD2170地区大会にて、後列左端が顧問ロータリアンのブノワ・デルクール氏、前列左から二番目が本人

ロータリーD2170地区大会にて、後列左端が顧問ロータリアンのブノワ・デルクール氏、前列左から二番目が本人

[留学国別情報]  ベルギー – ルーヴァン大学 建築科

2009 年 4 月 16 日 - 9:54 AM

07-08年度ベルギー留学(ルーヴァン大学、建築科)

私の場合は少し特殊かもしれません。何故ならばロータリーの候補生として選ばれた段階ですでに学校から入学許可を頂いていました。

2006,4 ルーヴァン大学より入学許可をもらう

2006,4 ロータリーの国際親善奨学生候補者として選ばれる (ここで、留学を一年延ばす事を決断。語学試験はフランス語で通過)

2006.10 アメリカのコーディネーターより、メキシコ、南アメリカ大陸の留学を打診される                             (この年はフランス語圏の候補者が多く、私がスペイン語が出来たためだと思われます。その後、もめた末に、4月にもらっていた合格通知を送付したところ受理されました。しかし、ベルギーのルーヴァン地方はオランダ語圏であり、私の受かった大学のコースは英語での授業でした。)

2007.1 正式にベルギーのルーヴァン大学に指定をもらう。                                              (ここで、条件として、 1、私がベルギーに出発するめでにフランス語の勉強を続けること、 2、ルーヴァンのロータリーではフランス語でスピーチをすることがあげられました。)

2007.3 もう一度ベルギーのルーヴァン大学に願書提出

この時は、昨年度の受け入れ許可証を送付するだけでした。

2007.3 ビザ申請の準備開始

ビザ申請必要書類(2007年度)

1.申請書 3
2.添付用写真3枚(あらかじめ申請書に貼ってから提出して下さい。)
3.パスポート(有効残存期間 12ヶ月以上)及び顔写真のペ-ジのコピ-3部
4.入学許可証 オリジナル1部コピー3
5.無犯罪証明書 オリジナル1部、コピー2部 注1
6.英文健康診断書 オリジナル1部、コピー2部 注2
7.ロ-タリ-財団からの保証書オリジナル1部 コピー2
8.英文履歴書 オリジナル2部 コピー1
9.宣誓書 オリジナル2部 コピー1
10.最終学歴の英文卒業証明書,英文在学証明書 オリジナル1部コピ-1(オランダ語圏のみ)

★詳細★

5、のスペインに滞在した事があるために、スペインでの無犯罪証明書をもらうために早めに動き出しました。

手順:スペインの日本大使館に電話で確認後依頼→ベルギー大使館指定の「スペイン語→フランス語」翻訳機関に翻訳を依頼・・・・受け取り2007.6中ごろ。 因みに、日本の無犯罪証明書は1週間ほどで入手。

20075 ルーヴァン大学より今年度の受け入れ許可証が届く

20066 ロータリー用に留学保険に加入 (東京海上のバラがけで、障害治療費、疾病治療費、救援者費、の2年分の海外留学保険 ¥165000)全ての書類は一度日本の外務省に送って査定が必要、私の場合は郵送だったので約1週間。直接持っていけば、24時間で手に入りとか。

2006.6.27 ビザ申請

2006.6.28 ビザがEXPACKで自宅に届く。

2007.7.6-8.3 英語の語学研修のために南アフリカへ(自費)

2007.8.16 ベルギーへ出発


①ルーヴァン大学に出願する際に必要だった書類

最初の年の必要書類は、(私は建築学科という事も考慮してください)

1・願書(規定の用紙があり、個人情報、経歴などを書き込みました。)

2・推薦状3通 (自分のフィールドの先生よりもらうこと)

3・ポートフォーリオ (自分の作品、デッサン・写真など)

4・作文 (志望動機など)

だったと思います。

次年度(今年)に対しては、今年からインターネット出願が始まり1,4についてはネット経由でもう一度登録しました。2.3については、去年、入学許可をもらっていたので必要ないとの事で、去年の「受け入れ証」を送りました。

②入学条件としてどのようなものがあったか

・基本は大学を卒業している事ですが、マスターコースを終えている事が望ましいとありました。

他は、特にこれといってなかったと思います。