[留学国別情報]アメリカ

2008 年 7 月 11 日 - 5:01 PM

留学年度:1997-1999年度
学科:ペンシルヴァニア州立大学
専門科目:Comparative Literature
取得学位:MA

1. 受入機関とのコンタクト

アメリカと日本との時差を考えるとFaxやEmailなどはとても便利で、ときには不可欠な道具だと思いますが、最終的には指導教官あるいはプログラムのコーディネーターに電話をしてみるのが一番だと思います。受け入れ側としては得体の知れない人物の情報がひとつでも多く必要なわけだし、実際に会話をしてみて書類では伝達しきれないものが伝わります。できるだけ多く自分を売り込む機会をつくることが大切でしょう。実際に希望の大学を訪れてみるのが一番なのは言うまでもありません。

2. 学業面での留意事項

大学院の場合、学期中は自分の勉学に大部分の時間を費やしてしまいますが、チャンスがあればTeaching AssistantやResearch Assistantなどの制度を活用するのも自分の幅をひろげることにつながります。

3. 生活情報

ここは一歩町を出ると森や平原しかない、いわゆるmiddle of nowhereですが、古き良き伝統とインターナショナルな雰囲気が折り合った大学町です。フットボールが行われる日には人口が激増し、長い休暇に入ると激減します。

4. RI活動

ロータリアンの方には生活の相談にのってもらったり、パーティやゴルフに招待していただいたりしています。こちらに来た当初は、唯一の知人でしたのでたいへんお世話になりました。日本からのおみやげには扇子をもっていきました。

5. その他

アメリカはあらゆる面で広大な国なので、文化、言語、慣習、気候などその土地によってまったく異なります。日本で得られる情報で固定観念を抱かないようにすることが必要でしょう。