Posted in 欧州(NIS諸国を含む) 留学国別情報 英国

[留学国別情報] イギリス – リーズ大学

2009 年 4 月 16 日 - 9:50 AM

イギリス・リーズ大学留学 (06-07)

1)志望大学に願書を出すまでにしたこと

TOEFL受験

・推薦状をお願いすること

・大学院の調査

・自分の将来設計

2)候補生に選ばれてから指定校が決まるまでのプロセス

当初はアメリカ大学院への留学を目指していたため、200612月末ごろから指定校以外の大学院へ願書を提出しました。指定校は20074月初めに出願しました。200734月初めに願書を提出した指定校以外の大学院から入学許可が頂けなく、指定校の発表は6月頃と予想しており留学できる可能性に不安を頂いたため、他の英語圏への出願をすることにしました。ロータリー財団へその旨を伝え、代替機関申請を行いました。代替機関として、イギリスを選びましたが、それはヨーロッパの大学院はアメリカの大学院と異なり、出願期間が長く設定されていることと、専攻分野で定評のあるためでした。20074月下旬にイギリス大学院へ出願し、20075月下旬に入学許可を頂きました。指定校発表が6月にありましたが、入学許可が頂けなかったため、代替機関で申請していたイギリス・リーズ大学へ留学することに決まりました。

3)本部やコーディネーターとのやり取り

上記に記したとおり、当初はアメリカ大学院を目指していましたが、出願状況がよくなかったため、イギリス大学院への出願を目指した時点で、コーディネーターの変更等がありました。全てemailでやりとりしました。

4)具体的な書類の準備として必要なもの

TOEFL受験

・推薦状

・大学(学部)の卒業証明書

・志望動機

5)入国状況

夏の語学研修を受講するため、20077月末に渡英しました。現地では、受け入れ顧問ロータリアンが迎えてくれました。

Leave Comment

You must be logged in to post a comment.