Posted in フランス 留学国別情報

[留学国別情報]フランス・Universite de Provence

2010 年 9 月 4 日 - 11:51 AM

留学国:France
留学機関Universite de Provence / Laboratoire Population Environnement Developpement

1. 奨学生候補に決定してからのロータリークラブとの関わりについて

奨学生候補決定後、推薦クラブである浜松北ロータリークラブの例会に計三度、出席させていただき、内二度、スピーチを行った。一度目は、20097月に、ご推薦いただいたお礼を申し上げると共に奨学生候補に選考していただいたことをご報告し、自己紹介・留学の抱負について述べた。二度目は、20106月に、留学先決定後、留学準備の進捗状況・近況報告を行った。三度目は、留学出発直前の20109月に、例会に出席させていただき、顧問ロータリアンの方をはじめ、お世話になったロータリアンの方々にご挨拶を申し上げた。

2. 留学の応募に関して

入学希望コース:博士課程

留学申請時、既に米国の大学院の博士課程に在籍中だったため、学位取得目的ではなく、一年間、訪問研究生として受け入れてもらえる博士課程のプログラムを英・仏語圏の大学院で探した。

提出書類:

RIからの指定校通知受理後、指定校先のプロヴァンス大学で指導を希望する教授二名に、20103月始めにメールで直接連絡を取り、私の現在の研究内容についてお伝えすると共に、2010年の秋学期から一年間、ご指導いただけるかどうか尋ねた。また、その際、RIから送付された「資金保証状」(Letter of Financial Guarantee)も添付した。その結果、研究に関心を示してくれた教授の提案で、プロヴァンス大学内の「人口・環境・開発研究所」に、「訪問研究生」として受け入れて頂くことが決まった。

「訪問研究生」としての正式な受け入れのため、下記の書類を提出した。

簡潔な研究計画書及びCV

「外部の博士課程の学生の受入協定書」(CONVENTION D’ACCUEIL DES DOCTORANTS EXTERIEURS A L’ETABLISSEMENT)」への、受入側の大学(プロヴァンス大学)の学長及び研究所の所長、派遣側の大学(コロンビア大学)の学長、及び申請者本人による署名

一方、語学証明書や願書、成績証明書等の提出は求められなかった。

語学試験:

地区での奨学生選考試験の過程で受けた、ベルリッツのA試験、及びTOEFL以外に、語学試験は受験しなかった。

3. RIとのやり取りについて

留学希望機関の申請について:

留学希望機関の申請は、地区での選考試験の際に提出していた申請書類を下に、地区の奨学委員会の方を通じてRIに行っていただいた。当初申請していた希望機関のリストの中には、米国のハワイ大学が含まれていたのだが、20099月に、地区の奨学委員会の方を通じて、これまでに12ヶ月以上、米国に居住・留学した経験がある※ことから、ハワイ大学の希望申請は認められず、志望先の見直しが必要との連絡を財団本部から受けたことを知った。そこで、急遽、ハワイ大学の代わりに、マルタ大学を希望機関のリストに加えてもらうようにお願いした。

※申請書に記載されていた、「申請者が、奨学金支給年度以前に12カ月以上居住、または留学したことのある国の地域へ指定されることはありません。」という教育機関申請の制約条件を、当初は、同じ国(米国)内でも地域が異なれば、希望申請は可能だと理解していたのだが、そうではなかったようだ。

代替教育機関の申請について:

指定校通知を受けた大学が、私の中では、第一希望の大学だったこともあり、留学申請は一つの大学(プロヴァンス大学)にしか行わず、代替機関の申請も行わなかった。

研究奨学生の申請について:

留学中、コースワークを受けるのではなく、研究に専念したかったため、20103月にRIの奨学コーディネーターにコンタクトを取り、「通常の授業を受ける代わりに研究を専門に行う『研究奨学生』」としての派遣を希望する旨を伝えた。「研究奨学生」としての申請を正式に承認してもらう為、以下の書類をRIに提出する必要があった。

研究企画書

予算案

大学発行による、研究生としての受入証明書(a研究所からの正式な「受入証明書」(ATTESTATION D’ACCUEIL)を提出)

奨学生、研究企画案、予算案を支持することを表明した派遣ロータリー地区の奨学金小委員長からの書簡

ロータリー財団研究奨学生用書式(指定教育機関の2人の監督者による署名)

(※詳しくは、『国際親善奨学金要覧:研究奨学生のための指針』をご参照ください。)

その他のRIへの提出書類について:

上記の提出書類に加えて、以下の書類を提出した。

奨学金受諾書

履歴書/宿泊に関する書式

語学力テストの得点結果(aTOEFL、及びベルリッツA試験のスコアを送付)

健康診断書

保険加入証明書

パスポートの身分証明書欄のページのコピー

研究者ビザのコピー

旅行選択書式(aRITSを通さずに自分で航空券を手配したので、「TRAVEL OPTION 3 窶髏€ WAIVED RITS TICKET FORM」を送付)

電子送金用銀行書式(a留学先に到着し、銀行口座開設後に送付)

語学研修について:

奨学コーディネーターに、語学研修を希望する旨を伝え、留学開始前に、RI側から財政支援を受ける形で、RI指定の語学学校で事前研修を受けられるかどうか尋ねたが、ベルリッツのスコアが規定の点数に達しているとの理由で、残念ながら承諾を得ることができなかった。そのため、結局、奨学金の一部を使う形で、研究奨学開始前に、約一ヶ月間、マルセイユのアリアンス・フランセーズで語学研修を行った。

ビザの申請について:

申請当時、滞在していたハノイ(ベトナム)のフランス大使館で、長期研究者ビザの申請を行った。ビザ申請の際、以下の書類を提出した。

長期ビザ申請書

証明写真1

パスポート

「研究者受入協定書」CONVENTION D’ACCUEIL D’UN CHERCHEUR OU ENSEIGNANT-CHERCHEUR ETRANGER

ビザ申請料金 99ユーロ相当のベトナムドン

RIとのコンタクトの取り方について:

RIとのコンタクトは、基本的に全てメールで行った。奨学コーディネーターが指定されてからは、常にコーディネーターに直接、連絡を取るようにした。留学準備中、途上国に滞在しており、郵便事情が不安定だったこともあり、書類の送付などを郵送ではなく、メールでできたのは幸いだった。奨学コーディネーターにメールで問い合わせをすると、通常、遅くとも23日以内には回答が得られた。

4. 学業面での留意事項

語学面での準備は万全とはいえなかったが、留学申請時からフランス語のレッスンを受けたり、フランス語と日本語のランゲージ・エクスチェンジをして会話の練習を行ったりして、留学に備えた。また、個人レッスンを受けていたフランス語の家庭教師や、フランス語のネイティブの友人に、研究企画書や、指導教授に送るメールのフランス語を添削してもらったり、フランス語でのメールや論文の書き方に関する本や、自身の研究テーマに関連する論文を参照したりして、アカデミックな文章やメールの書き方に慣れるように努力した。

5. 生活面での準備について

住居 窶骭€ 出発前に、受入クラブのホスト・カウンセラーとあらかじめ連絡を取り、住居探しについて支援をお願いする旨を伝えた。(aが、本格的な住居探しは、結局こちらに来てから始めたため、現在は、語学研修先で紹介された家庭でホームステイをしながら、ホスト・カウンセラーや他のロータリアンの方々のご協力を得ながら、アパートを探している。)

保険 窶骭€ 以前から三井住友海上保険の海外留学保険に加入していたこともあり、留学期間中は、RIの条件を満たすよう、一部の保険内容を変更したうえで、同保険を継続した。

また、渡仏後、滞在許可証申請の際に必要な書類(戸籍抄本、及びその法定翻訳、翻訳査証に基づく「出生証明」)をあらかじめ、日本にいる家族を通じて依頼し、取得してもらった。(aところが、渡仏後、その書類を紛失してしまい、結局、マルセイユの日本総領事館で、持ち合わせていた戸籍謄本の原本をもとに、「出生証明書」(仏語)を発行してもらった。)

その他、地区での奨学生向けのオリエンテーションやガイダンスを通じて、以前、フランスやその他の地域に留学された奨学生の方々からアドバイスを頂いたり、同期の奨学生らと情報交換を行った。

また、他の地区の国際親善奨学生向けのサイト(http://www31.atwiki.jp/ri2590shiori/)に、有益な留学生の手引きがあったため、留学準備の際に参考にした。

RIから受諾パッケージの一部として送付された留学先地域の「現役」国際親善奨学生のリストの中に、同じ大学(プロヴァンス大学)に留学されている奨学生がいたため、コンタクトを取り、留学準備や住居等に関して色々とアドバイスをしていただいた。

6. その他

上述した受諾パッケージに含まれている「現役」国際親善奨学生のリストの中に、もし、自分の受入先の地域や大学に留学している奨学生がいる場合は、コンタクトを取り、留学や生活準備等についてアドバイスをもらうと良い。

奨学コーディネーターから「Rotary Ambassadorial Scholar Wikispace」が開設されたとの案内があったので、登録した。今の所は、まだあまり情報交換のために積極的に活用されてはいないようだが、利用する価値はあるのではないか。

これまでに留学された奨学生の方々が、留学後、受入地区で行った卓話の内容や、受入地区で喜ばれたお土産等に関する情報が、「現役・次期奨学生」のために提供されたら大変有益なのではないか。

Leave Comment

You must be logged in to post a comment.