Posted in 2011年学友会誌寄稿文

GSE メンバーからの近況報告

2012 年 1 月 29 日 - 11:19 AM

2009-2010 年度GSE メンバー 赤 野 晃 久

 甲府シティロータリークラブを通じてGSE メンバーとして台湾の3490 地区に派遣していただき
ました株式会社アズマ工機の赤野晃久です。ちょうど1年前は慌ただしく出発の準備をしてい
たのを覚えています。そろそろ1年が経つのだなと考えていた矢先に東日本( 東北関東) 大震災が
起こりました。多くの尊い命が失われ、また多くの被災者の方々が家を失い、避難生活を余儀なく
されました。
 山梨では比較的被害が少なかったとはいえ、計画停電の実施や生活必需品の不足など不便な毎日
を過ごしています。またビジネスも打撃を受けました。私の会社でも取引先などで被害に遭った企
業が複数あります。
そんな中でうれしかったのは、世界のメディアが日本の震災について大々的に報道し、各国政府が
次々と日本への協力を約束し、援助隊や物資を送ってくれていることです。台湾でも馬総統が自らリー
ダーシップをとり政府レベルで、また民間ではテレビ番組などを通じて、たくさんの義援金を集め
て下さっていることをニュースで知りました。

 また、台湾のロータリアンの方々には心配と激励のメールを送っていただき、とても励まされま
した。今私たちが毎日頑張ることができるのは、GSE を通じて知り合った友人からのこうした励ま
しのお陰であり、とてもありがたいことだと思います。
 そのようなわけで、2010 年の台湾GSE でお世話になった3490 地区の李ガバナー(当時)をは
じめ、全てのロータリアンの方々への感謝の思いを新たにしています。また、私たちを送り出し
て下さった2620 地区の飯田ガバナーおよび高村GSE 委員長(いずれも当時)をはじめ、関係者の
皆様にも改めて感謝申し上げたいと思います。
 今後は、私たちGSE メンバーが培った知識と経験が少しでもお役に立てる機会があれば、精一杯
ご協力させていただきたいと思います。

Leave Comment

You must be logged in to post a comment.