Posted in 2011年学友会誌寄稿文

ベルギー留学のススメ

2012 年 1 月 29 日 - 11:39 AM

 2009-2010 年度奨学生 村 中 由美子

 私は、ベルギーにあるルーヴァン・カトリック大学に2009 年9 月から国際親善奨学生として留
学する機会をいただき、2011 年1 月にようやく修士課程(フランス文学)の学位を修得すること
ができました。ベルギーの首都ブリュッセルには多くの日本企業の駐在員の方々が暮らしています
が、ベルギーに留学する日本人は隣国フランスに比べてもはるかに少なく、ベルギー留学に関して
は大学のシステムや学費について情報も得られにくい状況です。そこで、この機会に私のベルギー
留学経験をお伝えすることで、フランス語圏への留学を考えている方にフランス以外の選択肢とし
てのベルギーについてよりよく知っていただくことができれば幸いです。また、そうでない方にも、
ビールとワッフルとチョコレートで有名なベルギーとはまた違ったこの国の一端を感じていただ
ければと思います。

【ベルギーの大学で勉強するという選択】
 私は、ベルギー生まれの作家、マルグリット・ユルスナール(1903 ~ 1987)における美術作品
の受容と文学創作の関係について研究しています。この作家の研究センター、Centre International
Documentation de Marguerite Yourcenar (CIDMY) がブリュッセルにあり、留学前からコン
タクトを取っていたこと、およびルーヴァン・カトリック大学(以下UCL)にこの作家の専門家が
いたことから、ベルギーのフランス語圏にあるこの大学を留学先に選びました。ただ、ロータリー
の国際親善奨学生の現制度では、留学開始のかなり前に留学希望先の大学を決定する必要があり、
その時点では大学にいた研究者が、留学開始時点では大学の移籍等の理由でいなくなっている場合
がしばしばあります。よって、指導をお願いしたい教授には早めにコンタクトを取って指導を受け
られるかどうか確認することが大切だと思います。ここまではベルギー留学だけでなく留学全般につ
いて言えることなのですが、ベルギー留学のメリットは、教授と学生の距離が大変近かったというこ
とです。ソルボンヌ大学(パリ第4 大学)のようなフランスの有名大学に留学する場合、指導教官
と面談の予約を取ろうとメールしてもなかなか返事が来なかったり、教授が大量の学生を抱えてい
るために綿密な指導が受けられなかったりといった話をよく聞きますが、ベルギーの大学ではそう
いう悩みは一切ありませんでした。修士論文の執筆中は、指導教官の先生のご自宅で何時間にも渡
る指導をしていただいたり、ゼミの学生たちに論文のフランス語を添削してもらったりと、非常に
貴重な経験を得ることができました。文学の学位論文をフランス語でA4 用紙100 枚も執筆するの
は本当に大変なことで、自分一人では決して成しえなかったことです。フランス語のレベルに関し
ても、外国人だからといって甘くみてもらえるわけでもなく、たとえ内容が通じても論文としての
フランス語のレベルに達していない場合は容赦なく書き直しを命じられました。このように、ベル
ギーの大学は大変厳しいのですが、その分とても力がついたと感じています。

【ベルギー試験事情】
 また、論文を提出して学位を得るためには、当然必要単位をすべてクリアしていなければなりま
せん。ベルギーにも日本の優、良、可、不可にほぼ相当する4 段階の成績評価がありますが、可以
下の成績が一つでもあると博士課程には進学できないシビアな仕組みになっています。さらに、ほ
ぼ全ての科目で筆記試験と口頭試験がセットになっていて、どちらかだけでも悪いと容赦なく落
とされます。なので、ベルギーの学生の猛勉強ぶりには目を見張るものがありました。試験期間に
なると大学が教室の一部を24 時間開放して学生の勉強の場にするだけでなく、学生の親たちも子
供の試験の期間中は大変神経質になり、子供の試験に全面協力体制になります。まさに、日本の大
学受験に相当するものが、ベルギーでは大学に入ってから毎年3 回あると説明すれば、ベルギー
での試験の大変さがよくお分かりいただけるのではないかと思います。ベルギーでは企業への就職
の際にも大学の成績が考慮される上、在学中も、ERASMUS と呼ばれる大学間の交換留学制度に応
募するには一定以上の成績を取る必要があり、それで学生も懸命に勉強するようです。もうひとつ
の事情としては、ベルギーでは国が大学に対してかなりの補助金を出しているため現地の学生は年
間800 ユーロあまりで大学に登録することができるのですが、その分留年等に関しては規定がかな
り厳しく、何が何でも結果を出さねばという学生のプレッシャーは相当なようでした。

【ベルギーでの外国人学生の学費】
 先ほど、大学の登録料800 ユーロについて少し触れましたが、日本人がベルギーの大学に登録
するためには、この現地の学生と同じ登録料800ユーロのほかに、大学登録税を年間で3096 ユー
ロ(2011 年現在)支払わなくてはなりません。外国人留学生は出身国別に3 グループに分けられ、
日本は先進国グループに分類されるため、3 グループの中でも最も高い登録税を払わなくてはいけな
いというわけです。ベルギーでは国から大学に多額の補助金を出しているが外国人留学生の親は国
に税金を払っていないため、という登録税徴収の理由は一見合理的なようにも思えますが、隣国フ
ランスではこのような大学登録税の支払い義務は存在しないばかりか、外国人学生に対して家賃の
補助も出ることを考えると、やはり留学生の受け入れという面ではベルギーよりフランス、という
感じはします。結果として、ベルギーへの修士課程以下への留学をする場合、日本の国立大学並み
の学費がかかるということです。ちなみに、博士課程以上であれば、この登録税は発生しません。

 

【ベルギーでの大学生活】
 ベルギーは小国であるためか、ほとんどの現地の学生は週末ごと実家に帰ります。毎週金曜日の
夕方、大きなスーツケースに洗濯物と、課題のための本をぎっしり詰めた学生たちが一斉に帰途に
つく光景は圧巻でした。ベルギーには、日本のように親が学生に銀行振込等で仕送りをする習慣が
ないらしく、大学生は毎週家に帰り、洗濯をしてもらい、次の週の生活費を手渡しでもらっている
ということのようです。前述のようにベルギーの大学のカリキュラムは大変ハードなので、アルバ
イトをしている学生は本当に少数派でした。このような事情もあり、週末に実家に帰ることのでき
ない外国人留学生は週末に人気のない町に取り残されるわけですが、私はよい友人に恵まれ、とき
どきベルギー人の友達の実家に一緒に連れて行ってもらうことができました。私が1 年半余りを過
ごしたルーヴァン・ラ・ヌーヴは、まだ40 年ほどの歴史しかない新しい学園都市でいくぶん殺風
景だったため、大学の友達はよく、歴史ある本当のベルギーの町を私に見せたいと言いながら故郷
の話をしてくれました。また、ロータリアンの方のお宅に呼んでいただけることもあり、そこでは
なかなか外国人留学生が体験することのできない、普通のベルギーの家庭生活を垣間見ることができ
て、とても貴重な経験になりました。

 留学先としてベルギーを選んだことで、もし多数派であるフランス留学を選んでいたならばおそ
らく直面しなかったであろう事務上の苦労や、大学の厳しい成績評価に悩まされるという難点はあ
りましたが、それ以上に、この小さな国ベルギーで温かい人々に囲まれて過ごした1 年5 カ月は本
当に充実した日々でした。学んだことを生かしつつ今後さらに前進できるよう精進していきたいと
思います。最後に、この素晴らしい留学を可能にして下さったロータリーの皆様をはじめ、お世話
になった全ての方々に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

Leave Comment

You must be logged in to post a comment.